2014年02月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IDC Japan 松本 聡氏インタビューユーザー企業のクラウド利用は「リビルド」から「リホスト」へ

主要なクラウドインフラサービスは、2013年を経て、ようやく既存システムをクラウドに載せる体制が整ってきたようだ。2014年のクラウド市場にはどのような変化が起こるのか。IDC Japanの松本 聡氏に聞いた。

[三浦優子]

2014年、クラウド市場はこう変わる!

tt_aa_matsu.jpg IDC JapanのITサービス リサーチ マネージャーの松本 聡氏

 「2013年は、企業ユーザーがクラウドを本格的に利用する環境が整った年となった」――IDC JapanのITサービス リサーチ マネージャーの松本 聡氏は2013年のクラウド市場をこう分析する。

 IT専門の調査会社であるIDC Japanでは、「国内クラウド市場 ユーザー動向調査」を毎年発表している。2013年に行ったこの調査の中で明確になったのは、2013年、クラウドサービス事業者やソフトウェアベンダーが、ユーザー企業にとってクラウドの利用がしやすい環境を整え、その結果、本格的にクラウド利用を検討するユーザー企業が増加しているという事実だ。

 こうした動きを踏まえて、2014年のクラウド市場はどう変化していくのだろうか。

似て非なる2011年と2013年の企業のクラウド導入意向

 「国内クラウド市場 ユーザー動向調査」は、IDC Japanが年に一度実施するユーザーサーベイで、企業のクラウド利用実態を調査したものだ。

 この調査の2013年の結果が興味深い。2011年の調査以来、「既にクラウドを利用中」と回答した企業の割合は、2011年の13.8%、2012年の19.1%、2013年の21.1%と着実に上昇している。「利用を前提に検討中」と回答した企業の割合はほぼ横ばいなのに対し、「検討したが利用しないことに決定」と回答した企業は2011年には6.8%だったが、2012年には26.5%と大幅に上昇。それが2013年になると一転して7.8%と大きく減少している。この変化の要因はどこにあるのか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...