2013年05月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2013 Japan IT Week 春リポート(クラウド編)王者AWSにどう挑むか、主要クラウドサービスの最新動向

さまざまなパートナー企業とタッグを組み、企業システムに浸食する王者AWS。そのAWSに対抗すべく、多数のアップデートで挑む国内クラウド勢。クラウドEXPO 2013の模様をリポートする。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
tt_aa_cloudexpo01.jpg

 2013年5月8日〜10日に東京ビッグサイトで開催されたIT関連の総合展示会「2013 Japan IT Week 春」。この中で、4回目となる「クラウドコンピューティングEXPO(春)」が開催された。本稿では、主要パブリッククラウドサービスのアップデート情報や人気を集めていたブース内セミナーの内容を中心に取り上げていきたい。

多数のパートナーと力を合わせるAWS

 2013年もひときわにぎわっていたのが、クラウド業界をリードするAmazon Web Services(以下、AWS)のブースだ。ERPベンダーのSAPジャパンはAWSブース内に、「SAP ERP」をAWSで稼働させる「SAP on AWS」(関連記事:【事例】「SAP on AWS」のメリットは? ケンコーコムの取り組みを見る)コーナーを設置。ハードウェアメーカーではネットアップがAWS向けの「NetApp Private Storage for AWS」を紹介していた。これは同社が2013年1月22日にリリースしたストレージソリューションで、自社内のネットアップストレージと、Amazon Direct Connect接続のコロケーション(Equinix)に設置されたネットアップストレージ間のデータを双方向に移動できるサービスだ。Amazon S3によるディスクベースの階層型バックアップ/リカバリ機能やAmazon EC2による仮想サーバ環境、Amazon EMR(Elastic MapReduce)によるビッグデータ分析と組み合わせれば、AWSの各種サービスを自社インフラとして使うことができる。

tt_aa_cloudexpo02.jpg リアルテックによる、オンプレミスのSAPシステムをAWSへ移行する実際のプロジェクトを前提にしたドキュメンタリーも大盛況

 AWSの構築・運用サービスを手掛けるシステムインテグレーターでは、アイレット、リアルテックジャパン、サーバーワークスなどのコーナーが設置されていた。AWSを中心としたクラウド環境の導入・保守・運用サービス「Cloudpack」を提供するアイレットと、SAP基盤のシステム構築を得意とするリアルテックジャパンは、SAPをAWS上に導入・保守・運用するサービスでパートナーシップを締結している。サーバーワークスは、AWSに特化したシステムインテグレーターだ。アクセス制限、証跡取得を実現する独自のAWSコンソールや、AWSの利用料金を円建てに変換した請求書で清算できる課金代行サービス、Amazon VPCの運用サービス、バックアップサービスなどを提供している。

 また、別ブースではあったが、伊藤忠テクノソリューションズもAWSの構築・運用サービスとして「CUVIC on AWS」を紹介していた。

オンプレミスとの連携が強みのWindows Azure

 日本マイクロソフトのブースでは、Windows 8やWindows Intuneといったクライアント技術から、Windows Server 2012、Windows Azure、System Center 2012といったインフラ技術まで幅広いソリューションを展示していた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

シックス・アパートがCMSプラットフォーム「Movable Type 6.3」をリリース
CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス企業の大手シックス・アパートは、CMS...

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...

news096.jpg

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中...