2013年11月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“コミュ力”もランクイン知らないと恥ずかしい2014年の「10大ITトレンド」

2014年、IT業界や技術開発はどのような方向に進むのか。米Gartnerのアナリストが2014年に考えるべき、10のITトレンドを挙げた。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

「仮想化は、ITのアジリティ(俊敏性)を高める上で今後も重要な役割を果たす。ITへの要求は増大している。ITスキルは変化している」。米Gartnerのアナリスト、デビッド・カプチーオ氏は、企業のITインフラおよびオペレーション戦略に最も影響すると同氏が考えるトレンドをそう要約した。同氏は2013年10月に米フロリダ州オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2013で講演し、最高情報責任者(CIO)が2014年のIT戦略の策定に当たって考慮すべき10の技術トレンドを説明した(その中には実証済みの技術も新しい技術も含まれる)。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...