2013年11月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“コミュ力”もランクイン知らないと恥ずかしい2014年の「10大ITトレンド」

2014年、IT業界や技術開発はどのような方向に進むのか。米Gartnerのアナリストが2014年に考えるべき、10のITトレンドを挙げた。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

「仮想化は、ITのアジリティ(俊敏性)を高める上で今後も重要な役割を果たす。ITへの要求は増大している。ITスキルは変化している」。米Gartnerのアナリスト、デビッド・カプチーオ氏は、企業のITインフラおよびオペレーション戦略に最も影響すると同氏が考えるトレンドをそう要約した。同氏は2013年10月に米フロリダ州オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2013で講演し、最高情報責任者(CIO)が2014年のIT戦略の策定に当たって考慮すべき10の技術トレンドを説明した(その中には実証済みの技術も新しい技術も含まれる)。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...