2013年11月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“コミュ力”もランクイン知らないと恥ずかしい2014年の「10大ITトレンド」

2014年、IT業界や技術開発はどのような方向に進むのか。米Gartnerのアナリストが2014年に考えるべき、10のITトレンドを挙げた。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

「仮想化は、ITのアジリティ(俊敏性)を高める上で今後も重要な役割を果たす。ITへの要求は増大している。ITスキルは変化している」。米Gartnerのアナリスト、デビッド・カプチーオ氏は、企業のITインフラおよびオペレーション戦略に最も影響すると同氏が考えるトレンドをそう要約した。同氏は2013年10月に米フロリダ州オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2013で講演し、最高情報責任者(CIO)が2014年のIT戦略の策定に当たって考慮すべき10の技術トレンドを説明した(その中には実証済みの技術も新しい技術も含まれる)。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...