2013年11月12日 08時00分 公開
特集/連載

もはやSFではない――2014年に流行る技術を占う台頭する3Dプリンタとスマートマシン

普及が進む3Dプリンティングとスマートマシンは人々の生活や仕事にどのような影響を与えるのか。Googleやディズニーの最新の技術成果が示されたITイベントのリポートから2014年の技術動向を占う。

[Karen Goulart,TechTarget]

 ついさっきオーランドから飛んで帰ってきたばかりだけど、もう耳が疲れた。いやいや、ディズニーのダンボになぞらえたジョークではない(オーランドにはウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートがある)。ここ数日、筆者はGartner社のITイベント「Gartner Symposium/ITxpo 2013」を取材していた。そこで、多くのCIO(最高情報責任者)たちから今後の方針や2014年、あるいはその先の計画について聞いてきたのだ。それらの話は今後数週間以内に同僚と共同で、カンファレンスの情報や参加者たちの動向などとともに記事にまとめる予定だ。ここではその一部を一足早くお伝えしよう。

テクノロジートレンドはSFの趣き

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...