2013年10月11日 08時00分 公開
特集/連載

宅配ピザも真っ青「3Dプリンタでピザを作ってみた」 NASAが本気で研究中

紙を印刷する感覚で立体物を作成できる「3Dプリンタ」。靴やビキニ、さらには食品まで3Dプリンタで作ろうとする動きもある。ただし、期待と現実にはまだギャップがありそうだ。

[Brenda Cole,TechTarget]

 3Dプリンティング(アディティブマニュファクチャリング:積層造形とも呼ばれる)は、CADモデルから立体物を作成するための新技術だ。3Dプリンティングで利用する3Dプリンタは、モデルに示された寸法に従って素材の層を積み重ねていく。使える素材は、紙やプラスチック、金属などだ。1個の造形物を作成するのに数時間あるいは数日かかる。

期待:銃器からビキニまで――利用法続々

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...