2006年08月24日 08時00分 公開
特集/連載

NASAの機密データを守るNASアプライアンスCase Study

米国政府やNASAの機密データを扱う航空宇宙企業EADSアストリウムでは、他社からの訪問者もアクセスするネットワーク上のデータを管理するため、NASアプライアンスを試験導入した。

[Andrew R. Hickey,TechTarget]

 航空宇宙業界は厳しい規制下に置かれている。米国政府やNASA(米航空宇宙局)の仕事をすることは、さまざまなチェックと管理を受けるということだ。

 EADSアストリウム・ノースアメリカは、このことを熟知している。同社のネットワークには、誰でもアクセスできるわけではない、そしてアクセスできてはならない機密データが保存されている。だが、同社のネットワークにはゲストや契約業者、他社からの訪問者もアクセスするだけに、厳密な管理が要求される。

 「われわれはネットワーク上のデータを、アクセス権を持っていない人々から守らなければならない」と同社の業務管理担当ディレクター、ジョージ・オウォク氏は語る。

 EADSアストリウム(欧州の航空宇宙企業であるEADSの子会社)は最近、ロックダウンネットワークスのNAC(Network Access Control)アプライアンス「Enforcer」を試験導入した。

 このスタンドアロンマシンは、柔軟なパラメータセットに基づいてネットワークアクセスを制御すると、オウォク氏は語る。ポート位置や、インストールされているソフトウェア、アプリケーション、重要な更新プログラム、パッチなどに基づいて、このマシンはアクセスを許可または拒否することができる。だが、Enforcerの特に大きなメリットは、Active Directory上のID(ユーザー識別情報)に応じて、アクセスの許可や拒否ができることだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...