2013年10月30日 08時00分 公開
特集/連載

“世界に1つだけのスマートフォン”を提供、「未来の工場」がやって来る人と人とをつなぐ技術を重視する時代に

生産現場のグローバル化が進み、製造業界に変化が表れ始めた。特定の消費者が求めるオーダーメイド型の商品を生産できる未来型工場への転換が進んでいる。“世界に1つだけのスマートフォン”は生まれるか。

[Brenda Cole,TechTarget]

 今、消費者の間ではカスタマイズが大はやりだ。携帯電話アプリのカスタマイズからオーダーメイドの服に至るまで、消費者は買ったものを「世界に1つだけのもの」にすることが当たり前になりつつある。そこでメーカーは、これまでの見込み生産体制から、規模を縮小して受注生産ベースへと方針転換を図りつつあると、米調査会社IDCの「Manufacturing Insights」(製造業の深層)は伝えている。

 IDCはこの傾向を分析し、「The journey toward the factory of the future」(未来の工場への旅)と題したビデオリポートにまとめて、先日同社のWebサイト上に公開した。

 このビデオリポートは、欧米諸国の部品メーカーおよび加工業者90社(大手から中小企業まで満遍なく含まれる)に対してインタビューを行って集めた情報をまとめたものだと、IDCのアナリスト、ピアフランチェスコ・マネンティ氏は語る。同氏はヨーロッパ、中近東、アフリカを担当する同社支社の代表で、ビデオリポートでも主に発言している。

 「『未来の工場』に照準を絞って分析することに決めた理由の1つは、最近の数年で製造業の重要性が増してきたことに気付いたからだ」とマネンティ氏は説明する。「最近5年間の(経済)危機が転換の契機となった」(同氏)

未来の工場の扉を開くのはイノベーション

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...