2014年04月11日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「SQL Server 2012 SP2」は2014年後半にリリース終了近づく「SQL Server 2008」のメインストリームサポート、気になる影響は?

米Microsoftはブログで「SQL Server 2012 SP2」を2014年中に提供すると発表した。2014年春に「SQL Server 2014」が正式提供される一方で、「SQL Server 2008」のメインストリームサポート終了が近づいているのをご存じだろうか?

[Robert Sheldon,TechTarget]

SQL Server 2012 SP2、2014年内にリリース

photo

 米Microsoftが「SQL Server 2012 SP2」のリリース予定を同社ブログで発表した理由の1つは、Microsoftの開発者向けフォーラム「Connect」に、あるSQL Server MVP(Most Valuable Professional)から寄せられた意見だった。その人物、エルランド・ゾマースコグ氏は2014年1月、Connectにスレッドを立て、「SQL Server 2012 SP1がリリースされたのは1年以上前。Microsoftは1日も早くSQL Server 2012 SP2をリリースすべきだ」と投稿した。

 ゾマースコグ氏はSP1のリリース以降、「数え切れないほど多くの数のバグが修正されている」と同スレッドに書いている。

 「これらのバグフィックスは、(今まで10回の)累積アップデートで提供されている。だが、Microsoftは修正されたバグの影響がないのなら、これらのアップデートをインストールしないようユーザーに推奨している。これは、SQL Server管理者にとってはジレンマだ。Microsoftが推奨しなければ、更新プログラムをインストールしたくはない。しかし、未然防止策も講じておきたい」(ゾマースコグ氏)

 Microsoftは発表の中で、「SQL Server 2012 SP2を2014年後半にリリースする」と述べるにとどまり、詳細は明らかにしなかった。

意外と時間がない、SQL Server 2008のメインストリームサポート終了

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...