2013年08月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米Microsoftのアーキテクトが解説SQL Serverが「2012 R2」ではなく「2014」になる理由

米Microsoftのアーキテクトに、インメモリ技術を導入したMicrosoft SQL Server 2014の目玉機能と、SQL Server 2012よりも前のバージョンから2014に移行する場合の検討ポイントを聞いた。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

SQL Server 2014の目玉機能は?

 近くリリースされる「Microsoft SQL Server 2014」の新機能、そしてアップグレードに際してデータベース管理者(DBA)が考慮すべきポイントについて、米Microsoftでナショナルプラットフォームアーキテクトを務めるマーク・クローマー氏に話を聞いた。

―― まず、SQL Server 2014全般についてどう考えていますか?

クローマー氏 これは非常にデータベース志向の強いリリースになります。われわれは以前からインメモリ技術に注力していますが、今回のリリースでは、SQL Serverプラットフォームにもインメモリ技術を導入し、アナリティクスの「xVelocity」、CEP(複合イベント処理)の「StreamInsight」、そしてOLTP(オンライントランザクション処理)の「Hekaton」で採用しました。Microsoftはこれらの分野での技術開発を通じてSQL Serverプラットフォームを進化させ、ビッグデータ、リアルタイム処理能力を改善するインメモリ技術、Windows Azureを利用したクラウドベースでの同プラットフォームのサポートに対応させる取り組みを続けています。SQL Server 2014では、高可用性、そしてオンプレミスとクラウドのハイブリッド環境におけるバックアップとディザスタリカバリのサポートも強化します。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...