2013年08月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米Microsoftのアーキテクトが解説SQL Serverが「2012 R2」ではなく「2014」になる理由

米Microsoftのアーキテクトに、インメモリ技術を導入したMicrosoft SQL Server 2014の目玉機能と、SQL Server 2012よりも前のバージョンから2014に移行する場合の検討ポイントを聞いた。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

SQL Server 2014の目玉機能は?

 近くリリースされる「Microsoft SQL Server 2014」の新機能、そしてアップグレードに際してデータベース管理者(DBA)が考慮すべきポイントについて、米Microsoftでナショナルプラットフォームアーキテクトを務めるマーク・クローマー氏に話を聞いた。

―― まず、SQL Server 2014全般についてどう考えていますか?

クローマー氏 これは非常にデータベース志向の強いリリースになります。われわれは以前からインメモリ技術に注力していますが、今回のリリースでは、SQL Serverプラットフォームにもインメモリ技術を導入し、アナリティクスの「xVelocity」、CEP(複合イベント処理)の「StreamInsight」、そしてOLTP(オンライントランザクション処理)の「Hekaton」で採用しました。Microsoftはこれらの分野での技術開発を通じてSQL Serverプラットフォームを進化させ、ビッグデータ、リアルタイム処理能力を改善するインメモリ技術、Windows Azureを利用したクラウドベースでの同プラットフォームのサポートに対応させる取り組みを続けています。SQL Server 2014では、高可用性、そしてオンプレミスとクラウドのハイブリッド環境におけるバックアップとディザスタリカバリのサポートも強化します。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...