2012年12月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アップデートは綿密に計画をWindows Server 2012のHyper-V、アップグレード計画の考慮点

Windows Server 2012の発売に伴い、Hyper-Vのアップグレードを計画するユーザーは多いことだろう。だが、ハイパーバイザーのアップグレードには多くの考慮点が存在する。

[Brien Posey,TechTarget]

 ハイパーバイザーを簡単にアップグレードできることはめったにない。アップグレードの計画プロセスで多くのことを行う必要がある。本稿では、Windows Server 2012が最近一般発売されたことから、Hyper-Vのアップグレードを計画する際の重要な考慮点を紹介する。

Hyper-Vのアップグレードに関連するライセンシングの変更点

 Hyper-Vをアップグレードする前にまず考慮しなければならないことの1つは、米Microsoftの新しいライセンシングモデルだ。MicrosoftはWindows ServerのEnterprise Editionを廃止し、Standard EditionとDatacenter Editionのみを提供するようになった。Standard Editionのライセンスでは、仮想マシン(VM)を2個しか実行できない(1台のホストサーバ上で複数のStandard Editionライセンスを組み合わせることは可能)。

 Windows Server 2008 R2 Enterprise Editionから、Windows Server 2012 Standard Editionにはアップグレードできないことにも注意が必要だ。現在、Windows Server 2008 R2 Enterprise Editionを運用している場合は、Windows Server 2012 Datacenter Editionにアップグレードする以外に選択肢はない。

 大抵の場合、アップグレードや移行を実行するには、綿密な計画を用意する必要がある。仮想化ホストではVMの実運用が行われているだろうし、そうであれば、アップグレードに伴うダウンタイムを最小限にとどめなければならないからだ。

 一般的に、企業はスタンドアロンの仮想化ホストを運用すべきではないといわれている。ホストサーバが停止すると、VMもダウンしてしまうからだ。しかし、予算の制約から、小規模企業では多くの場合、クラスタ化されていないホストが一般に使われている。

 現在、Windows Server 2008 R2が動作するスタンドアロンのHyper-Vサーバを持っている場合、インプレースアップグレードを行うことができる。私の経験では、Hyper-Vのこのアップグレードは大抵スムーズであり、1時間もかからずに完了する。それでも、留意すべきことが幾つかある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...