2013年08月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SAP HANAとの違いは?50倍の処理速度を叩き出すSQL Server 2014のポテンシャル

2013年末にリリース予定の「SQL Server 2014」にはオンライントランザクション処理用のインメモリ機能が搭載される。テーブルレベルの設定が可能で、他のインメモリデータベースのように高価なハードウェアを必要としない。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 米Microsoftは、2013年6月初めに米ニューオーリンズで開催された「TechEd」カンファレンスにおいて「SQL Server 2014」を発表した。テクノロジープレビュー版は6月25日に公開され、製品版は2013年末に提供される見込みだ。Microsoftは2012年秋、SQL Serverの次期バージョンにインメモリ機能が搭載されることを明らかにし、シアトルで開催された「Professional Association for SQL Server(PASS)Summit」において、このインメモリ機能が「Hekaton」というコードネームでプレビューされた。今回のTechEdではSQL Server 2014のリリース時期が新たに発表される形となった。

ITmedia マーケティング新着記事

news005.jpg

RPA導入、知識や人材の不足を感じている企業が84.2%――パーソルホールディングス調べ
RPAによる業務自動化に取り組む企業が増える中、課題も浮かび上がっています。

news127.jpg

クラウド広告運用ツール「Shirofune」に複数コンバージョンの並行最適化機能
Shirofuneはクラウド広告運用ツール「Shirofune」の自動入札機能を拡張し、複数コンバー...

news025.jpg

AIなどが生む新サービスへの興味度、4カ国比較で日本が最下位――博報堂DYメディアパートナーズ調査
テクノロジーによって生活を変える55の新しいサービスへの興味度において、日本は調査対...