2013年08月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SAP HANAとの違いは?50倍の処理速度を叩き出すSQL Server 2014のポテンシャル

2013年末にリリース予定の「SQL Server 2014」にはオンライントランザクション処理用のインメモリ機能が搭載される。テーブルレベルの設定が可能で、他のインメモリデータベースのように高価なハードウェアを必要としない。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 米Microsoftは、2013年6月初めに米ニューオーリンズで開催された「TechEd」カンファレンスにおいて「SQL Server 2014」を発表した。テクノロジープレビュー版は6月25日に公開され、製品版は2013年末に提供される見込みだ。Microsoftは2012年秋、SQL Serverの次期バージョンにインメモリ機能が搭載されることを明らかにし、シアトルで開催された「Professional Association for SQL Server(PASS)Summit」において、このインメモリ機能が「Hekaton」というコードネームでプレビューされた。今回のTechEdではSQL Server 2014のリリース時期が新たに発表される形となった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered b...

news008.jpg

Webサイトのスピード改善はUI/UX改善以上に効果あり――ゴルフルダイジェスト・オンライン担当者が断言
Webサイトの表示速度改善は離脱を減らしコンバージョンを増やすために取り組むべき重要課...

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...