2014年09月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルヘルスがERの滞在時間を短縮するスマートフォン医療で病院の「待ち時間ゼロ」が現実に

医師が患者に関する情報を早期に把握できるようになれば、治療と診断の迅速化につながる。その実現のために、医療機関に普及しつつあるモバイルデバイスは有効な手段となる。

[Reda Chouffani,TechTarget]
tt_tt_MHD_01.jpg

 緊急救命室に運び込まれて、これからどのような治療が施されるのか分からない患者にとって、数分という時間は数時間もの長さに感じられることがある。入室から治療までの時間を短縮することは、最も簡単に医療の品質を上げる方法だ。特に救急治療が必要な患者にとって、その効果は大きい。

 モバイルヘルスデバイスを導入すると、瞬時にデータを送受信できるようになる。緊急救命治療室の滞在時間を短縮する方法を模索している病院にとって、モバイルデバイスは問題を解決する選択肢となるかもしれない。

モバイルが患者の不満解決の手段に

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...