2014年10月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

境界は既に曖昧だが、それぞれ機能不足PC向け「バックアップ」「ファイル同期」ツールは一緒になる運命か

データ保護製品とファイル同期/共有製品の境界は曖昧になってきている。その原因の1つは、データ保護製品がPC以外のさまざまなデバイスからも保護されたデータにアクセスできるようにしていることにある。

[George Crump,TechTarget]
1021_kf_data_190.jpg

 クライアントPC向けのデータ保護製品(バックアップなど)とファイル同期/共有製品の境界は曖昧になっている。その原因の1つは、データ保護製品がPC以外のさまざまなデバイスからも保護されたデータにアクセスできるようにしていることにある。だが、どちらの製品も両分野の全ての要件は満たしていないのが現状だ。

クライアントPCのデータ保護要件

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラ...

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。