2013年12月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「危険な個人向けサービス」払拭を狙う知られていないDropboxとBoxの進化、ビジネス向け機能を次々に投入

米Boxと米Dropboxが、相次いで企業向け機能の強化を発表している。個人での利用から人気の高まるクラウドストレージサービスだが、企業での導入が今後の成長のカギを握る。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 米Boxと米Dropboxの両社は最近、企業向けクラウドストレージサービスの強化に乗り出している。この動きは、クラウドのファイル共有/ストレージ製品が安全性に欠ける個人向けプラットフォームだと考えるIT担当者の見方を変える可能性がある。

相次ぐクラウドストレージの企業向け機能強化

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。