2014年08月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Amazon Zocalo」は暗号化キーに課題かAmazonの新ファイル共有サービスが「Dropbox」にどうしても勝てない理由

米Amazon Web Servicesは企業向けのファイル同期/共有の市場に参入すること表明している。だが、セキュリティと暗号化に関する懸念により、その地位を確立できない可能性がある。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

Amazon WorkSpaces | Amazon Web Services


tt_aa_kaigai.jpg

 企業向けファイル同期/共有サービスの市場に米Amazon Web Services(以下、Amazon)が投入したサービスの名前は「Amazon Zocalo」(以下、Zocalo)だ。Zocaloは、IT部門による管理統制機能、フィードバック機能、任意のデバイスからデータにアクセスする機能が用意されている共有ストレージサービスだ。ZocaloのリリースによりAmazonは、競合が増加の一途をたどるファイルの同期/共有、企業向けコンテンツ管理/連係、ストレージ関連製品市場における一番新しい参入企業となった。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...

news031.jpg

ロックオンが「TVエビス」を提供、テレビとWebを横断したマーケティング施策最適化を実現
ロックオンはトライステージと共同で、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の...