2014年02月25日 08時00分 公開
特集/連載

「Dropbox」の業務利用が冗談でなくなる「for Business」の実力クラウドストレージの注目動向

一般ユーザー向けクラウドストレージサービスとして広く使われている「Dropbox」のビジネス向け機能が大幅に強化された。使い勝手や管理機能はどう向上したのか。詳しく説明する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 米Dropboxは、データセキュリティにする懸念を払拭し、堅ろうな一元管理を実現するため、「ビジネス向けDropbox」(Dropbox for Business)の機能を強化した。

 業務に個人用Dropboxを使用し、機密データの保護を目的とした厳格なIT要件から逸脱している従業員は少なくない。ビジネス向けDropboxは、生産性とセキュリティを両立した、IT部門とユーザーの両方に配慮したサービスである。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。