2015年02月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

実質的に無料にならない場合もタダに弱い人ほど注意 失敗しない「無料アプリ仮想化ソフト」選び6カ条

「無料で使えるアプリケーション仮想化ソフト」といえば聞こえはいいが、厄介な事態を引き起こしたり、必要な機能が無かったりすることがある。事前に検討すべき6つの項目を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_tt_AppVirtualization.jpg

 アプリケーションをOSから切り離して運用できるようにする「アプリケーション仮想化」の導入を検討している企業には、無料のツールも含めてさまざまな選択肢がある。

 無料のツールを検討したくなるのは当然のことだ。市場には、あなたの全てのニーズを満たす無料のアプリケーション仮想化ソフトウェアが存在するかもしれない。だがこうした無料ツールに飛びつく前に、以下に挙げた考慮すべき6項目に目を通してほしい。

導入前に考慮すべき6つの項目

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

アイモバイル、モバイルアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始
アイモバイルは、運用型アドネットワーク「i-mobile Ad Network」と動画アドネットワーク...

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...