2014年06月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

スマートフォンからクライアントPCを自在に操作iOS向けも期待 Android向け「Chromeリモートデスクトップ」の高い評判

リモートデスクトップアプリは機能すれば素晴らしい。だが、機能しなければ用無しだ。米GoogleがリリースしたAndroid向けの「Chrome Remote Desktop」は、両極端に走ることなく、微妙なバランスを見事に取っている。

[Vince Font,TechTarget]

関連キーワード

Android | iPad | Google | iPhone


ik_tt_chrome01.jpg

 Android向け「Chrome Remote Desktop」(Chromeリモートデスクトップ)は、Webブラウザの「Google Chrome」と、Chrome Remote Desktop用のChromeの拡張機能がインストールされているWindows端末またはMacで機能する。Chrome Remote Desktopを使うと、Androidスマートフォン/タブレットを使用してリモートの場所から自宅PC(ホストPC)にアクセスできる。ユーザーがホストPCとリモート接続を確立するために、ホストPCのChromeのウィンドウを開いたままにしておく必要はない。ホストPCにアクセスするための条件は、ホストPCや接続元のAndroidデバイスがインターネットに接続した状態で起動していることだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。