タブレット信者も諦める「会社ではPCを使った方がいい10の理由」当面はなくならないクライアントPC

タブレットやスマートフォンの業務利用が活発だが、これまで使ってきたクライアントPCはどうなるのか。実は安易にクライアントPCをタブレットなどの置き換えない方がいい理由がある。

2014年01月20日 08時00分 公開
[Brien M. Posey,TechTarget]

 PCの販売が低迷していることは否定できないが、企業向けクライアントPCは少なくとも現時点において生き永らえている。たとえどうあろうと、当面はPCの利用が続くと考えられる10の理由がある。

1. 企業向けクライアントPCは低価格

 企業向けクライアントPCが今後も存在し続ける最大の理由の1つは、PCが安価であることだ。PCのハードウェア価格はここ数年どんどん下落しており、市場の低迷にあえぐPCメーカーはさらに激しい価格競争を続けざるを得ない状況にある。それに対して、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)などの新技術の導入には、それなりに大きなコストが要求される。

2. 総入れ替えはコスト効率が悪い

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...