2015年03月04日 15時00分 UPDATE
特集/連載

絵に描いた餅ではなくなるフラッシュの台頭で現実となるストレージ環境の真の標準化

データセンターストレージのアーキテクチャとコントローラーの異種混在性は、多様なワークロードを支える標準化されたインフラの目標の障害となっている。

[Clive Longbottom,TechTarget]
jo_tt_150304_ss.jpg

 ストレージシステムの内部はほとんどコモディティ化している。それでも、異なるベンダーのストレージアレイ間の相互運用性を確保しながら、一定の差別化を維持しようとする競争が激しさを増している。

 分散コンピューティング環境のストレージはさまざまなベンダーのサーバと相互運用できる必要がある。このため、標準化されたストレージアーキテクチャの必要性が高まり、クラウドがこの傾向に拍車を掛けている。

空振りに終わった異種混在ストレージ環境の統合管理

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...