2015年03月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

PACS市場調査リポート(2014年版)2018年のPACS市場は465億円規模、急増するクラウド型PACS

高詳細化・大容量化する画像データの管理にはなくてはならないPACS(医用画像管理システム)。現在、PACSのクラウド対応が本格化している。市場調査による現状から今後の動向予測などを考察する。

[林 和夫,シード・プランニング]

 シード・プランニングは2014年7月、市場調査リポート「2014年版電子カルテの市場動向調査-電子カルテ/PACS市場規模予測とシェア動向」を発刊した。このリポートは、同社が電子カルテシステム(病院向け、診療所向け、歯科向け)とPACS(医用画像管理システム)の市場動向を調査し、今後の市場規模を予測したものだ。本稿では、PACSの市場規模推移や市場シェア、主要ベンダーの動向、今後のサービス展開などを紹介する。

PACS導入のメリットとは?

 PACS(Picture Archiving and Communication Systems:医用画像保管電送システム)とは、X線写真やCT、MRIなど病気の診断と治療のために撮影された写真の電子的保存と院内配信を行うシステムを指す。撮影したデジタルデータをサーバに蓄積し、高精細ビュワーで読影して診察に利用する。医療機関はPACSを導入することで、フィルムの保管や運搬管理などの作業が不要となる。病院の経営効率にも貢献するシステムだといえる。

2018年のPACS市場全体の金額は465億円

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...