2015年06月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

課題の1つはMacのセキュリティ対策「Mac」の常識は「Windows」の非常識、共存のために職場でできることとは? (1/2)

企業のIT担当者にとってMac OSは、Windowsとの互換性やアプリケーション、ファイル共有など問題を引き起こす可能性がある存在だ。導入時にどのような準備をするべきか紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Mac | OS | Apple | Active Directory | セキュリティ


tn_tt_macos001.png Yosemite(OS X 10.10)のWebサイト《クリックで拡大》

 両手を広げて米Appleの「Mac OS」を受け入れるか、それとも仕方なく受け入れるか、いずれにせよクライアントPCには潜在的なわながある。これらの難題を理解しておくと自分の環境にMacを組み入れる準備ができるだろう。

 Macは、競合である米Microsoftの「Windows OS」が導入されたクライアントPCのように管理することはできない。この両者には類似点があり、Appleは以前と比べて、簡単にMacをWindowsベースのネットワークに統合できるようにしている。しかし全く問題なく、Macを仕事の従来の環境に組み込むことができると期待してはいけない。

Mac導入でぶつかる問題は?

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

ブランデッドムービーを活用した共同広告商品、グライダーアソシエイツとパシフィックボイスが提供
グライダーアソシエイツとパシフィックボイス、FROGLOUDの3社は、ブランデッドムービーの...

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...