2015年05月30日 09時00分 UPDATE
特集/連載

圧倒的な美しさと、評価が別れる使い勝手徹底レビュー:「新しいMacBook」は「Air」を超える? 気になる点を辛口評価

米Appleは、4月に「新しいMacBook」を発売した。12インチのRetinaディスプレーやUSB Type-C、新型キーボードといろいろな面で変更を行っている。使い勝手はどうなのか徹底レビューする。

[Jerry Jackson,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Mac | iPad | OS | 徹底比較


tn_tt_mb001.jpg 2015年に発売された新しいMacBook《クリックで拡大》

 ライフスタイルにこだわる人たちから、世界各国の大学生、新興企業で働く若い起業家まで、米Appleの「MacBook Air」は世界中の多くの人たちに広く支持されている。AppleがMacBook Airシリーズを主力の「新しいMacBook」ラインに統合するのは時間の問題だった。12インチのRetinaディスプレーを搭載する新しいMacBookは、11インチと13インチのMacBook Airのちょうど中間に位置する画期的なデザインのマシンとなっている。

 今はまだAppleのWebサイトでもMacBook Airは普通に販売されている。だが、業界専門家の多くは、Appleの天才的なマーケティング担当者が近い将来Airシリーズを打ち切り、われわれユーザーに与えられる選択肢は新しいMacBookと「MacBook Pro」だけになると考えている。

 問題は、新しいMacBookが薄型軽量化し、多機能な「USB Type-C」ポートが1基搭載されるだけとなった今、未来は明るいのだろうかということだ。周辺機器との接続性が制限されるという点ではむしろ「iPad」に近いこのノートPCを果たしてAppleファンは支持するのだろうか。本稿でその答えを見つけてほしい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

サイバーエージェント、ブランド広告特化の「CA本部DSP」でネイティブ動画フォーマットに対応
サイバーエージェントは2017年2月21日、同社が提供するブランド広告企業向け広告配信サー...

news075.jpg

電通とISID、高精細4Kデジタルサイネージの実証実験でB.LEAGUE試合映像をライブ配信
電通とISIDは、東京・渋谷で高精細4Kデジタルサイネージの実証実験「4K@SHIBUYA」を実施...

news069.jpg

イノーバとピー・ディー・アールが協業、コンテンツマーケティングとインサイドセールスをワンストップで提供
イノーバはこのほど、インサイドセールスのコンサルティング企業ピー・ディー・アールと...