2014年05月30日 18時30分 公開
特集/連載

徹底レビュー:新「MacBook Air」は依然として最強の“キラキラノートブック”か他社の猛追をどうかわす

米Appleの「MacBook Air」がマイナーチェンジした。期待された「Retinaディスプレイ」の採用が見送られ、さらに米Microsoftなどの競合がひしめく中、新MacBook Airはどこまで購買意欲をそそるのか?

[Jamison Cush,TechTarget]

 米Appleが2008年に発売した初代「MacBook Air」は、「薄くて軽いPC」の概念を覆した。それ以来、現在市場に溢れるノートPCとタブレットの一体型デバイスや米Intelが提唱する薄型軽量PC「Ultrabook」に対するAppleの回答という位置付けを保っている。

 最新の2014年モデルのMacBook Airは、2013年モデルよりもプロセッサのクロック速度が約100MHz向上しつつ、価格は約100ドル(国内では4000〜5000円程度)下がっている。だが2014年モデルと2013年モデルでは、なじみのある同じデザインが採用されている。そのため、これらの2つのモデルを外見で見分けることはできない。

 実際、MacBook Airの2014年モデルでは、2013年モデルと同じく、奥から手前に向かって薄くなるウェッジ(くさび形)デザインが採用されている。2013年モデルのデザインは、2012年モデルと酷似している。Appleファンは、MacBook Airが「この上なく洗練されたデザインである」と主張するだろう。だが「MacBook Airのデザインは新鮮味に欠ける」と、米Microsoft、米Dell、中国Lenovoなどの人気製品を挙げて、「薄型軽量ノートPC市場はAppleのものではなくなっている」と批判する声もある。

 問題は、持ち運びやすく高性能なノートPCを求めている人にとって、MacBook Airは有望な選択肢になるのかどうかということだ。

 それを確認するため、米TechTargetでは、MacBook Airの2014年モデル(11インチ)を評価した。

構造とデザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...