新型「MacBook Air」で採用? リバーシブルになった「USB Type-C」の魅力充電とデータ転送を高速化

新型「MacBook Air」で採用のうわさがある新しいUSBコネクタ規格「USB Type-C」。リバーシブル化によってUSBデバイスの利用がさらに広がる可能性がある。

2015年02月05日 08時00分 公開
[Ed Hardy,TechTarget]
写真 USB Type-C

 USB Type-Cには大きなメリットがある。第1に、この規格では最大20V、100Wまでの給電が可能だ。これに対し、USB 3.0は5V、4.5W、USB 2.0は5V、2.5Wに対応している。このため、USB Type-Cではタブレットなどモバイルデバイスを高速に充電できる他、現行のUSBでは対応できない大容量の電力が必要なデバイスにも給電可能になる。ノートPCもUSB接続で電源が取れるようになるため、専用のACアダプターが不要になる。

 さらに、USB Type-Cは、USBの最新規格であるUSB 3.1で実現される最大10Gbpsのデータ転送に対応している。USB 3.0の最大データ転送速度はその半分の5Gbps、旧式のUSB 2.0は480Mbpsにとどまる。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


改良されたプラグ設計

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。