2015年07月06日 12時00分 UPDATE
特集/連載

OpenDaylight準拠のSDNコントローラーと連係“隠れFacebookユーザー”もあぶり出すSDNアプリ、その実力とは?

DoS攻撃の防御や禁止アプリケーションの利用防止に、SDNコントローラーとの連係機能を備えたアプリを提供する動きがある。その一例を紹介する。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
画像 Flow Optimizerの紹介ページ《クリックで拡大》

 米大手ネットワークベンダーのBrocade Communications Systems(Brocade)は、オープンソースのSDN(Software Defined Networking)ソフトウェア「OpenDaylight」を利用し、トラフィックに関連する多様な問題に対処可能なアプリケーションを提供している。その一例が、同社が2015年6月9日(米国時間)に発表したトラフィック管理ツール「Brocade Flow Optimizer」である。

 Flow Optimizerで対処できる問題の1つは、サービス拒否(DoS)攻撃によるトラフィックの急増だ。

Facebookへのトラフィック制限も可能

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news114.jpg

ユーザーが作成したコンテンツをFacebook広告へ利用可能に、シャトルロックジャパンが支援サービスを提供
シャトルロックジャパンは、ユーザーコンテンツの収集から活用までワンストップで提供す...

news070.jpg

ゾーホージャパン、「Zoho CRM 2016」の提供を開始
ゾーホージャパンはクラウド型CRM「Zoho CRM 2016」の提供を開始。メールとCRMを融合し、...

news041.jpg

SNSからの集客に特化したスマホサイト制作ソフト「creca」が「WeChat」や「Weibo」に対応
スターティアラボは、スマートフォン用Webサイトの制作支援ソフトウェア「creca」の機能...