2015年07月06日 12時00分 UPDATE
特集/連載

OpenDaylight準拠のSDNコントローラーと連係“隠れFacebookユーザー”もあぶり出すSDNアプリ、その実力とは?

DoS攻撃の防御や禁止アプリケーションの利用防止に、SDNコントローラーとの連係機能を備えたアプリを提供する動きがある。その一例を紹介する。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
画像 Flow Optimizerの紹介ページ《クリックで拡大》

 米大手ネットワークベンダーのBrocade Communications Systems(Brocade)は、オープンソースのSDN(Software Defined Networking)ソフトウェア「OpenDaylight」を利用し、トラフィックに関連する多様な問題に対処可能なアプリケーションを提供している。その一例が、同社が2015年6月9日(米国時間)に発表したトラフィック管理ツール「Brocade Flow Optimizer」である。

 Flow Optimizerで対処できる問題の1つは、サービス拒否(DoS)攻撃によるトラフィックの急増だ。

Facebookへのトラフィック制限も可能

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...