2012年09月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

多要素認証の利用やポリシー教育の徹底をFacebookやTwitterを危険にする「パスワード使い回し」

マーケティングなどでの企業利用が進むソーシャルメディア。ただし、セキュリティ意識が希薄なままでのソーシャルメディア利用は大きなリスクを招く。現状の課題と対策を追った。

[James Furbush,TechTarget]

 ソーシャルメディアツールもメールと同様に、フィッシング詐欺マルウェア、スパム攻撃といったセキュリティ問題に見舞われるようになった。こうしたソーシャルメディアのセキュリティ問題は、IT管理者が対処しなければならない新たな脆弱性を企業に突き付けている。

 企業のIT部門は、情報セキュリティおよび法令順守と、ソーシャルメディア利用の必要性との間でバランスを取ろうと腐心している。ソーシャルメディアは、IT部門とは別の部門が管理しているのが一般的だ。従業員が許可なくソーシャルメディアを使っている場合も多い。

 「企業が現時点で最も懸念しているのは、ブランドの評判のようだ」と話すのは、米調査会社Altimeter Groupのアナリスト、アラン・ウェバー氏だ。「一方、潜在的かつ深刻なリスクに対して注意を払っていない。ソーシャルエンジニアリングの手口を使えば、パスワードや会社の重要な情報を引き出すことができる」とウェバー氏は語る(参考:「人の脆弱性」をあぶり出す、4つの侵入テスト手法)。

 向こう数年のうちに、ソーシャルメディアを狙ったハッキングは、ソーシャルエンジニアリングの手口であれ、別の手口であれ、他の問題以上に企業を脅かすとウェバー氏は予想する。ソーシャルメディアをマーケティング部門が管理しており、IT部門が関与していない場合、特にセキュリティリスクが高まる可能性がある。

ソーシャルメディアのセキュリティ欠如による情報流出

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...

news022.jpg

「新品購入前に売値をチェック」「掘り出し物探しを楽しむ」、フリマアプリ利用者の生態とは──メルカリ調査
メルカリの調査によると、フリマアプリ利用者の半数以上が新品購入前にアプリで売値をチ...

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...