2015年04月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

カード情報を守り抜く“別経路”のセキュリティ対策【前編】「秘密の質問」はもう“秘密”じゃない? Facebookでカード情報保護に異変

クレジットカード情報を保護するためには、「PCI DSS」が義務付けているセキュリティ対策だけでは不十分だ。本稿では、検討すべき“別経路”のセキュリティ対策を解説する。

[Philip Alexander,TechTarget]
tt_tt_Card_01.jpg

 最近、米国の大手小売業者でデータ侵害の被害が相次いでいる。例えば、米Target、米Neiman Marcus Group、米Michaels Stores、米J. C. Penneyなどだ。この影響は、被害に遭った小売業者と顧客だけでなく、その顧客が利用しているクレジットカードやデビットカードを発行した銀行や信用金庫にまで及んでいる。

 顧客の個人情報や財務情報を保護することは、金融機関の利益にもつながる。銀行固有のネットワーク内で情報を保護するだけでは不十分であることは今や明白であり、彼らはそのことに頭を悩ませている。

“別経路”のセキュリティを実装する際の考慮事項

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...