2015年04月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

カード情報を守り抜く“別経路”のセキュリティ対策【後編】「FacebookでログインできるWebサイト」から情報漏えい、責任は誰にある?

オンラインショッピングやオンラインバンキングで利用されるクレジットカード情報。その保護に役立つのが“別経路”のセキュリティ対策だ。前編に続き、その考慮事項を示す。

[Philip Alexander,TechTarget]

“別経路”のセキュリティを実装する際の考慮事項

tt_tt_Card_01.jpg

 前編「『秘密の質問』はもう“秘密”じゃない? Facebookでカード情報保護に異変」では、クレジットカード情報の保護方法として、通常のシステムとは別経路(アウトオブバンド)のセキュリティ対策を適用することの重要性を指摘。アウトオブバンドのセキュリティに関する6つの考慮事項のうち2つを説明した。後編では、残り4つの考慮事項を紹介する。

考慮事項3:SNSの影響

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...