2015年07月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

求められるOpen-in制御とMDM本当は怖いiPhone/iPadアプリ、連係アプリからのデータ流出をどう防ぐ?

「モバイルデバイス管理(MDM)」は、企業にとってもはや十分ではない。だが、米Appleの「Open-in制御」と組み合わせることで、iOS上でアプリのセキュリティレベルを高めることが可能である。

[Bryan Barringer,TechTarget]
ik_tt_openin01.jpg 今秋に登場するとみられる「iOS 9」の新機能「Slide Over」《クリックで拡大》

 IT部門は、米Appleの「Open-in制御」機能を使用することにより、ユーザーの個人デバイスで電子メールやイントラネットを問題なく使用可能にすることができる。だが、この機能の最適な使用法は、モバイルデバイス管理(MDM)と連係することだ。

 社員は企業のデータにリモートでアクセスすることを望んでいるが、IT部門は社員が生産性を高めるために必要とする情報を提供しながら、どのようにセキュリティを確保できるかを考えている。Open-in制御は、iOS 7で導入されたモバイルアプリケーションの管理機能だが、これによりiOSデバイス上の企業データへのアクセスをIT部門の制御下にあるアプリのみに限定することが可能だ。具体的には、iOSデバイス内のデータを特定のアプリで開く機能を管理することができる。

なぜMDMも必要なのだろうか

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...