2014年11月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「iOS」アプリ間のデータ共有を制限IT部門が利用できるiPhone/iPad管理機能の全て

米Appleの「iOS」向け管理機能「Open-in制御」は、アプリを隔離することによってIT管理者が社内データの共有を制限することを可能にする。これはiOSに組み込まれた基本的なモバイルアプリケーション管理(MAM)機能である。

[Lisa Phifer,TechTarget]
1127_kf_ios_190.jpg

 米Appleがセキュリティ向上のために「iOS 7」から取り入れた管理機能「Open-in制御」(データの開き方の管理)を利用すれば、IT部門はiOS用アプリからアクセスするデータを厳格に管理できる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...