2015年06月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネス向け管理機能を強化iPhone/iPadを大量導入しても大丈夫、次期「iOS 9」のアプリ管理機能が秀逸

Appleは次期「iOS 9」で「Volume Purchase Program(VPP)」に変更を加える予定だ。それにより、IT管理者とユーザーの悩みが軽減されるかもしれない。その具体的な変更点を解説する。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
0619_kf_vpp_001.jpg AppleによるVolume Purchase Program(VPP)の説明ページ《クリックで拡大》

 米Appleは次期「iOS 9」のリリースに伴い、「Volume Purchase Program(VPP)」を変更する予定だ。それにより企業のIT管理者は、Apple IDを使わずにiOSアプリを一括導入することが可能になる。

 VPPを使うことで、企業や団体はiOSアプリを一括購入して、ユーザー端末に一斉に配布することができる。現在は、iTunes Store経由で特定ユーザーのApple IDにアプリを割り当てる仕組みとなっている。これが、今秋に提供予定のiOS 9では、Apple IDと連動せずに特定のデバイスへアプリを割り当てられるようになる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

マーケティングオートメーション、8割の企業がつまずく「導入後」の話
苦労の末に社内の合意を取り付け、ようやくマーケティングオートメーション導入が実現。...

news088.jpg

Jストリーム、360度動画の制作配信サービスを提供開始
動画配信のJストリームは、360度動画の制作およびライブ/オンデマンド配信を行う「J-Str...

news039.jpg

SSP「fluct」、ユーザー企業にモバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」を提供開始
fluctはReproと提携し、SSP「fluct」を利用するアプリディベロッパーに対し、モバイルア...