2015年09月01日 15時00分 UPDATE
特集/連載

これからは特定の知識だけではいけないハイパーコンバージドインフラで失職? 技術動向によって変わるIT担当者の仕事

コンポーネントが全てパッケージ化されているハイパーコンバージドインフラ。IT部門はシステム全体を一括して管理できるため便利そうだが、この技術により別の課題が起こる可能性がある。

[Brien Posey,TechTarget]
tn_tt_HIC001.jpg ヴイエムウェアのハイパーコンバージドインフラ「EVO:RAIL」のWebサイト《クリックで拡大》

 企業がハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラストラクチャを導入すると、VDI(仮想デスクトップインフラ)管理者は、仕事のスタンスを変えなければならないことが多い。ITインフラのある分野を専門に手掛けるのではなく、ハイパーコンバージドシステム全体を管理することが必要になる。


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...