2015年10月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

IT業界の戦略図はどう変わるDellがEMCを巨額買収、一番喜ぶのは誰? (1/2)

米Dellは2015年10月12日(現地時間)、米EMCの買収を正式発表した。果たしてこの買収はユーザーにとってメリットをもたらすものになるのだろうか。

[Ed Scannell, Robert Gates,TechTarget]
tn_tt_dellemc.jpg EMCジャパンの公式Webサイト《クリックで拡大》

 米Dellが米EMCとその傘下の米VMwareを買収したことは、企業顧客に戦略的メリットをもたらす可能性があると同時にリスクも伴う。

 何週間にもわたって買収の臆測が飛び交った末に、DellはIT企業の買収として史上最高額となる約670億ドルでEMCを買収することを正式発表した。

 米調査会社Pund-IT社長のチャールズ・キング氏は、この買収は明らかにDellに有利だと話す。Dellは中堅・中小企業向け市場で業績を上げてきたが、大企業対象には苦戦してきたと同氏は言う。一方、EMCは大企業に強く、エンタープライズ分野のニーズに特化したハードウェアとソフトウェア、サービスの広範なポートフォリオを展開している。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...