2012年08月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

VMwareとの競合だけではない「複雑な問題」に直面VMwareがOpenFlowベンダー買収、Ciscoはどうなる?

OpenFlowの雄、米Nicira Networksの買収を電撃発表した米VMware。この発表は、「変化に尻込みする」米Cisco Systemsの姿勢に変化をもたらすかもしれない。

[Rivka Gewirtz Little,TechTarget]

 米VMwareが、米ネットワーク仮想化企業のNicira Networksを120億ドルで買収すると発表した翌朝、筆者のメールの受信トレイは、動揺したSoftware Defined Network(SDN)関係者からのコメントであふれかえっていた。それらのコメントの要旨は、「米Cisco Systemsは窮地に立たされた」「SDNは定着する」の2点だ。

 確かなことは、VMwareのNicira買収によって、技術の1つとしてのSDNの将来性が裏付けられたということである。SDNは、最近まで実際の製品というよりもベンダーのビジョンであったことを考えると、この点は重要だ。「天文学的な値段だ」と、米調査会社451 Researchのエリック・ハンセルマン氏が比喩的に表現するように、Niciraの買収価格には思わずめまいを覚える。

 Ciscoが窮地に立たされたかどうかは、それほど明確ではない。恐らく、直ちに危機的な状況に陥るということはないだろうが、2012年のCisco Liveで発表した「Cisco Open Networking Environment(Cisco ONE)」よりもはるかに合理化したSDNビジョンを展開する必要に間もなく迫られるだろう。また、Ciscoは、SDNやネットワーク仮想化の主力プレーヤーと提携し、オープン標準に対してより開かれた姿勢で臨む必要があるかもしれない。

VMwareのNicira買収がCiscoにとって問題になる理由

 VMwareのNicira買収は、仮想ネットワークの分野でVMwareとCiscoの直接的な競合関係を生むとの見方がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...