2015年11月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

進化するネイティブツールハイブリッドクラウドの未来を照らす「Docker」と「OpenStack」の可能性 (1/2)

AWSでハイブリッドクラウドを実現するための鍵となるテクノロジーに「Docker」と「OpenStack」がある。ユーザーは、AWSとオンプレミス間でワークロードを自由に行き来させることを望んでいる。

[Beth Pariseau,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg OpenStackコンポーネント(参照:機能を徹底比較! 〜Eucalyptus、CloudStack、OpenStack)《クリックで拡大》

 「Amazon Web Services」(AWS)を利用したハイブリッドクラウドの移行と管理を簡略化する技術が登場すれば、ハイブリッドクラウドの未来を疑問視する人は減るだろう。

 AWSでハイブリッドクラウドを実現するための鍵を握るテクノロジーとして注目されているものが2つある。それは、米Dockerのコンテナと「OpenStack」だ。前者は、全く異なるパブリッククラウドとプライベートクラウド間のアプリケーションポータビリティの問題を緩和する。後者は、少なくとも一部はハイブリッドクラウドインフラの基盤となる標準として認められている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...