2016年01月06日 15時00分 UPDATE
特集/連載

まだ使ってない人も、まだまだ使いたい人も大躍進のコンテナ技術「Docker」、導入と活用のための5つのヒント

2014年に脚光を浴び始めて以来、ファンが増え続けている「Docker」。その理由を理解するとともにDockerコンテナを有効活用するためのポイントを紹介する。

[Kathleen Casey,TechTarget]

関連キーワード

Docker | DevOps | 仮想マシン(VM)


Docker 「Docker」はポータビリティやスケーラビリティの向上に貢献する(出典:DockerのWebサイト)《クリックで拡大》

 オープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」は2014年にコンテナ技術に新たな光を当て、2015年にはコンテナ市場を席巻した。コンテナのポータビリティとスケーラビリティがクラウドユーザーや開発者の反響を呼び、Dockerは普及が進み、企業ユーザー向け機能がますます充実してきている。

 競合技術でも同様のサービスの整備が急ピッチで行われているが、Dockerは既におなじみの名前だ。それでも、「そもそもコンテナを導入すべきかどうか」、あるいは「コンテナをクラウド環境にどのように統合するか」で悩んでいる企業もある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

お金を払ってでも使いたい「優良」な有料ツールは何が違うのか
オープンソースのツールでマーケティングオートメーションの入り口を開いた後、やりたい...

news088.jpg

シックス・アパートがCMSプラットフォーム「Movable Type 6.3」をリリース
CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス企業の大手シックス・アパートは、CMS...

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...