2015年12月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

永続ストレージサービスを統合「Docker」向けハイパーコンバージドインフラ登場、その機能とは?

スタートアップ企業の米Rancher Labsはアプリケーション開発者に新しい永続ストレージサービスとハイパーコンバージドインフラを提供。「Docker」コンテナ向けソリューションを拡充する。

[Sonia Lelii,TechTarget]

 米Rancher Labsは先頃、「Docker」コンテナ向けのハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラプラットフォーム「Hyper-Converged Infrastructure for Containers」を発表した。同社のOSと新しい永続ストレージサービス「Persistent Storage Services for Docker」を統合したプラットフォームによって、開発者はコンテナ化したアプリケーションにストレージを配備できるようになる。

 Rancher LabsはDockerコンテナを実行するための「Linux」ベースの軽量OS「RancherOS」の開発元であり、2015年夏には1000万ドルの資金調達を発表している。Rancher Labsのスタックには永続ストレージサービスの他、Dockerコンテナの管理ツール「Rancher」も含まれる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか
マーケティングオートメーション(MA)とは名ばかりの不完全なツールも少なくない背景に...

news064.jpg

電通とリクルートホールディングス、訪日外国人向けマーケティング領域で協業開始
電通とリクルートホールディングスは、訪日外国人向けマーケティング領域での協業を開始...

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...