2015年09月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Software-Definedへ向かうインフラの選択【後編】ハイパーコンバージドの2大勢力「Nutanix」と「Evo:Rail」、違いを比較 (1/2)

ハイパーコンバージド製品として注目される「Nutanix」と「Evo:Rail」。それぞれどのような特徴があるのか。

[五味明子,著]

関連キーワード

Software-Defined Data Center | VMware | x86 | x86サーバ


 前編「バズワードで終わるのか? アナリストに聞く“ハイパーコンバージド”の意義」では、垂直統合型システムからハイパーコンバージドインフラへの流れについて解説した。後編でも、引き続きIDC Japanでインフラ部門を担当する2人のアナリスト――サーバーグループマネージャー 福冨里志氏とリサーチ第1ユニット(ストレージ/サーバ/HPC/PCs)グループディレクター 森山正秋氏のインタビューをお伝えする。

ハイパーコンバージドインフラの2大勢力――NutanixとEVO:RAIL

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...