2016年09月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第1回】クラウド全盛期でも注目を集める、2種類のバックアップアプライアンスとは? (1/2)

「バックアップ専用アプライアンス」には、「ターゲット型」と「統合型」の2種類の選択肢がある。バックアップシステムを構成するコンポーネントを基に、両者の違いを解説する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 本連載では6回にわたり、バックアップ専用アプライアンス(以下、バックアップアプライアンス)の機能比較、製品選定ポイントについて解説する。対象読者は、仮想化基盤などのインフラ管理者、バックアップ管理者、バックアップの方式や製品の選定・設計に関わる人である。

 第1回の今回は下記について解説する。各メーカーの具体的な製品については次回以降で言及する。

  1. バックアップアプライアンスの市場動向
  2. 2種類のバックアップアプライアンスの違い
  3. 統合型バックアップアプライアンスのメリット

1.バックアップアプライアンス市場動向

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。