2014年10月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

物理環境とは違った観点が必要完璧な製品は存在しない、4つの仮想化バックアップ/リカバリ製品を比較

仮想環境では、バックアップ/リカバリの新しいアプローチが必要だ。本稿では、仮想バックアップの機能を備えた製品を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 サーバ仮想化は現代のITインフラに欠かせない存在となっている。機敏性と弾力性の両方を向上しながら、データセンターのハードウェアコストを削減することができる。だが、サーバ仮想化にもデメリットはある。それは仮想バックアップでは物理環境と異なる対処が必要なことだ。

 有り難いことに、データバックアップ製品のベンダーは仮想化のトレンドに後れを取らずについて行っている。サーバ仮想化を初めて導入する場合やベンダーの変更を検討している場合は、仮想マシンのバックアップに使える製品が多数あることを知っておくとよいだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

テレビ視聴に関するアンケート調査――スカパーJSAT
スカパーJSATは、全国の10〜60代の男女を対象に「テレビ視聴に関するアンケート調査」を...

news143.jpg

広告運用支援ツール「AdNote」がバージョンアップ 予算調整、カスタムレポート、分析の業務を自動化
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表した。

news025.jpg

中日米3カ国生活者調査で分かったテクノロジー利用率の圧倒的な差――博報堂生活綜研(上海)
中国のテクノロジー生活の現在はどうなっているのでしょうか。