2013年11月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

バックアップアプライアンス紹介:シマンテック中堅・中小企業のバックアップ環境の最適化を支援する「Symantec Backup Exec 3600」

「Symantec Backup Exec 3600」は、中堅・中小規模向けバックアップアプライアンス。仮想環境を意識し、ストレージ容量を削減する重複排除機能の他、導入の手軽さや管理性の容易さ、コストパフォーマンスなどを兼ね備える。

[谷崎朋子]

所要時間や仮想化対応で意外と課題の多いバックアップ対策

 バックアップ/リストア製品を導入したはいいが、想定以上にバックアップ時間がかかったり、導入時、または拡張する際のサイジングが面倒でコストが掛かるなどの課題で悩まされている企業は多い。

photo シマンテックの伊吹山氏

 特に「事業や会社の規模が小さい中小企業の場合、小規模向けのバックアップ製品を導入し、テープやHDDをサーバに直接接続していることが多い。しかし、事業が拡大するとともにこれまでと同様のバックアップ対策をただ追加していくだけでは、コストも管理の手間も一方的に上がってしまう」と、シマンテック セールスエンジニアリング本部 GBソリューションSE部 プリンシパルセールスエンジニア 伊吹山 正郁氏は指摘する。

 特に、サーバ仮想化が進む現在、仮想環境の特性を無視して物理環境と同じバックアップ対策を取った場合、バックアップ成功率の低下や仮想マシン単位のバックアップ/リカバリ運用が困難になるといった問題が噴出しているという。

 サイジングなどの煩雑さを取り払い、仮想環境にも十分な効率を発揮し、運用負担の少ないバックアップ/リカバリを実施したい。こうしたニーズに応えるのが、シマンテックの「Symantec Backup Exec 3600」(以下、Symantec BE 3600)だ。

 シマンテックが2013年10月1日に販売開始したSymantec BE 3600は、バックアップソフト「Backup Exec 2012」、メディアサーバ(Windows Storage Server)、5.5Tバイトの重複排除対応ストレージをまとめたアプライアンス製品だ。中堅・中小規模で、特に仮想マシンホスト3〜5台、仮想マシン30〜50台の規模での利用を想定している。

photo Symantec BE 3600

 同製品の特長は、大きく3つある。重複排除技術「V-Rayテクノロジー」、運用管理性、そしてコストパフォーマンスだ。

特長その1:重複排除技術「V-Rayテクノロジー」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

2016「今年の○○」、“ほぼほぼ”納得のいく調査データまとめ
「2016年の○○」「今年の××」といったまとめ系調査が数多くリリースされる季節になり...

news106.jpg

コムニコ、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツールを提供
コムニコは、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツール「POST365」...

news025.jpg

博報堂とCCCマーケティング、Tカード会員1200万人分の実購買データに基づくリサーチパネル活用で協業
CCCマーケティング、博報堂、博報堂子会社の東京サーベイ・リサーチは業務提携を行い、T...