2013年03月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第2回】失敗しないVMware環境に最適なバックアップ製品の選び方(VADP編)

VMwareが提供するバックアップ用API「vStorage API for Data Protection(VADP)」は、仮想環境のバックアップを効率化する上で欠かせない機能だ。VADPに着目し、バックアップ製品選択のポイントを説明する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 第1回「【技術解説】仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”バックアップ」では、VMware環境のバックアップに物理環境と同様の方法を用いることで生じる課題について説明した。その課題とは下記の5つである。

  1. 時間
  2. 容量
  3. 負荷
  4. 災害対策
  5. 運用の効率化

 これらの課題を解決するためには、VMware環境に特化したバックアップ方法や新しい技術を適用する必要がある。

 1〜4は、「vStorage API for Data Protection(VADP)」と「重複排除」が課題解決の鍵になる。5についてはバックアップ製品に依存するところが大きいため、第4回の「【機能比較】VMware環境のバックアップ製品機能比較」で触れる。

 単にVADPや重複排除に対応しているか否かを問うのであれば、現在リリースされている主要なバックアップ製品はほぼ対応しているといっても過言ではない。VADPや重複排除はバックアップ方法/技術の総称であり、製品によって実装されている機能は異なる。ある製品でできることが、他の製品でも同様にできるかどうかは調査する必要がある。VADPや重複排除の詳細な機能を理解し、それらを有効に使わないと、中/大規模の仮想環境のバックアップは効率化できない。

 今回はVADPの機能に着目し、バックアップ製品選択のポイントを説明する。

  • ポイント1:VADP(vStorage API for Data Protection)に対応しているか?
  • ポイント2:CBTに対応しているか?
  • ポイント3:エージェントレスのファイルレベルリストア、アプリレベルリストア、ブロック差分リストアに対応しているか?
  • ポイント4:VMDK指定のバックアップ/リストアに対応しているか?

ポイント1:VADP(vStorage API for Data Protection)に対応しているか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。