2017年04月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iOS 10のセキュリティリスクも紹介iPhoneユーザーが少し自慢できる「iOS 10」のセキュリティ新機能

モバイルデバイスの業務利用が広がる中、「iOS 10」はその充実したセキュリティ機能で、こうした動きを後押しする。どのような機能があるのか、詳しく見ていこう。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]
画像 iOS 10の強化されたセキュリティ機能とは

 Apple「iOS」のセキュリティ機能が進化を続ける一方、インターネットとモバイルの脅威も急速に進化している。同社は「iOS 10」に新しいセキュリティ機能が導入した一方で、新たな脅威をもたらす可能性のある新機能も追加した。ユーザーデータを保護するためには、現状のプライバシー設定を再確認し、何を管理すべきかを認識することが重要だ。

 iOSは、パスコードに数字だけでなく英字と数字の組み合わせも使用できる。「iPhone 5s」の登場以降は、指紋認証機能「Touch ID」も追加された。また自動ロック機能は、無操作状態になってから指定の時間が経過すると自動的にデバイスをロックする。「iOS 9」以降、この機能に設定できる最短時間間隔は1分から30秒へ引き下げられた。

 位置情報の利用を要求するアプリの一覧も表示でき、利用を許可するかどうかをアプリ単位で設定可能だ。これによってIT担当者は、より綿密にデータ共有を管理できる。またプライバシーの設定項目にある「広告」ボタンでは追跡型広告を制限でき、エンドユーザーの検索データの保護を強化できる。

iOS 10のプライバシー保護機能

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...