2017年07月21日 05時00分 UPDATE
特集/連載

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第9回】Windows Server 2016評価版をインストールする──Active DirectoryでDNSの設定編 (1/2)

体験版=評価版のWindows Server 2016で「サーバーマネージャー」から「Active Directory」を設定する。今回はDNSの設定まで覚えてみよう。

[塩田紳二,著]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定など、新しく登場した“操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 前回の「Windows Server 2016評価版をインストールする──Active Directory設定編」から引き続き、「Windows Server 2016」(以下、WS16)の設定ツール「サーバーマネージャー」から、Windows環境向けのディレクトリシステム「Active Directory」(以下、AD)を設定していく。

 ADの設定は、Windows Serverの運用において基本的かつ必須といえる。ADを設定できれば、他のサービスは必要になったときでも構わない。なお、サーバーマネージャーは、インストールするサービスに対して依存関係のあるものをまとめて設定するため、ユーザーは関連するサービスについて“気を回す”必要はない。

 ただしWindows Serverの運用が初めてで設定の経験がない場合は、それぞれのサービスを理解しながら設定していくのもよいだろう。サービスごとに必要な初期設定項目は結構あり、まとめてやってしまうと、あまり記憶に残らず、後々何をしたのか分からなくなることが多いからだ。

ADのインストール

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...