2017年04月11日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows Server 2016」2つのコンテナ「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Serverコンテナ」の違いは?

コンテナは、クラウドとモバイルアプリの設計に革命をもたらす。Microsoftの「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Server 2016コンテナ」の非常に重要な相違点を技術専門家が解説する。

[Michael Otey,TechTarget]

 Microsoftの「Windows Server 2016」のコンテナには2種類ある。1つは標準の「Windows Serverコンテナ」で、もう1つは「Hyper-Vコンテナ」だ。開発者の立場から見て、これらのコンテナには、どのような相違点があるのだろうか。

 Windows Server 2016のコンテナは、同じOSカーネルを共有するという点において、基本的に「Linux」のコンテナと同じである。どちらも軽量かつ効率的、そしてベアメタルで実行可能だ。Windows Serverコンテナを実行するために、仮想化を導入する必要はない。一方、Windows Server 2016の新しい概念であるHyper-Vコンテナは標準のコンテナより安全性が高い。このような構成が可能なOSは、Windows Server 2016だけだ。

 Hyper-Vコンテナを実行すると、各コンテナ専用の軽量な仮想マシンが起動する。これは基盤となるホストOSから各コンテナを分離することが目的だ。つまり、各仮想マシンと各コンテナには専用のWindowsカーネルが用意されるため、ホストと実行コンテナの完全な分離が実現できる。分離によって安全性が高まり、マルチテナント環境ではメリットが得られる。マルチテナント環境で分離を実現できなければ、同じホストOSカーネルを複数のテナントが共有することについて懸念が生じる恐れがあるからだ。だが、このようなマルチテナントシナリオでは、各コンテナに、他のコンテナと共有されることのない専用の基本OSカーネルが用意される。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...