2018年05月08日 05時00分 公開
特集/連載

2018年IT導入優先度調査から半数の企業で「2018年のIT予算は増加」 投資分野はデータセンター、IT自動化など

「2018年のIT優先度調査」によると、データセンター、クラウド、ハイブリッドテクノロジーに対するIT予算配分計画の一端が明らかになった。

[Rich Castagna,TechTarget]

 2018年、ITマネジャーに与えられる予算は多少増加する見込みで、ITマネジャーはデータセンター機器購入に向けて調査を進めている。今回の調査に参加したITプロフェッショナルのほぼ半数(49.6%)が、2018年の予算は前年より増加すると予想した。

 IT予算をやりくりする上で、使える金額が増えるのは間違いなくありがたい。だが、キャパシティーとパフォーマンスの需要は予算の増加を上回り、依然ITマネジャーはその対処に迫られることになるだろう。ビッグデータ分析、モノのインターネット(IoT)アプリケーション、従来の規制や「EU一般データ保護規則」(GDPR)などの新しい規制への順守と併せて、あらゆるものの節約を求める傾向があり、IT予算を獲得する力量が試される。

IT予算は引き続き増加

 過去3年間のIT優先度調査を見ると、IT予算を増額している企業が増えているのが分かる。予算の平均増加率もかなり安定していて、2018年の推定増加率は9.5%、2017年は10.0%、2016年は9.4%だった。半数のITマネジャーにとっては朗報だが、裏を返せば、半数のITマネジャーは予算に変化がないか、残念なことに、予算が減らされていることになる。

 2018年の予算は2017年と同程度だと考えているのは21%。予算減少と答えたのは8%で、2017年よりも4.2%減額されると推定される。残りの21%は、2018年のIT予算がどうなるか分からないと回答している。

 小規模、中規模、大規模の企業の半数が予算は増加すると回答しており、予算の増減に企業規模は特に関係していない。予算の増加率についても、おおよそ同程度である。

  • 小規模企業(収益1億ドル未満):9.7%
  • 中規模企業(収益1億ドル〜10億ドル):8.9%
  • 大規模企業(収益10億ドル以上):9.6%
IT予算の平均増加率 IT予算の平均増加率《クリックで拡大》

IT予算の使い道

 IT予算の需要は多くのデータセンター分野に幅広く配分される傾向があるが、調査への回答から、ある程度の予算を集中的に投資する特定の分野が幾つかあることが分かった。

 企業規模にかかわらず予定されている最大の投資先は、クラウドサービスだ。もちろん、クラウドサービスはとても広い意味を持つ用語で、どんなテクノロジーやプロセスもクラウドに該当し得る。そのため、このカテゴリに大きなIT予算が投じられても驚くことではない。大規模企業の61%がクラウドサービスへの投資を検討しており、中規模企業(55%)がそれに続く。小規模企業も約半数(49%)がクラウドに関心を寄せている。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

「GoPro HERO6 Black」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news013.jpg

「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへの...

news021.jpg

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか
売り上げの中心がモバイルにシフトする中、ECからの受注率80%という目標を掲げるドミノ...