2018年05月22日 09時00分 公開
特集/連載

セルフサービス型だけではないちょっとした機能強化でビジネスインテリジェンス(BI)の価値を上げる方法

従来のビジネスインテリジェンス(BI)ツールでも、価値ある情報を得ることはできるが、より高度なツールを備えた大掛かりな分析プラットフォームにBIを組み込めば、情報の価値はさらに高まる。

[Ed Burns,TechTarget]
Gartner Data & Analytics Summit 2018 「Gartner Data & Analytics Summit 2018」カンファレンスの様子《クリックで拡大》

 従来のビジネスインテリジェンス(BI)は、最近のデータ分析かいわいでは大して面白みのないテクノロジーになっている。だが、現代の企業にとって、BIの価値が下がっているかといえば、そんなことはない。ただ、利益を生むために、ちょっとした機能強化が必要なだけだ。

 「BIは変化している。競争力を維持するには、こうした変化に合わせて企業も変わらなければならなかった」と話すのは、電気ガス事業会社National Gridでデータ分析とクラウド革新に関するポートフォリオディレクターを務めるローリー・アッバツィオ氏だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...