2018年06月26日 05時00分 公開
特集/連載

Slack画面から離れなくても仕事ができるSlack新機能「Actions」は外部アプリケーションを直接操作できる、その実力とは

Slackは、メッセージを見ながら他のアプリケーションを操作する機能を追加した。この機能はどのような点でメリットがあるのか?

[Jonathan Dame,TechTarget]
画像 Slackのアクション機能(出典:SlackのWebサイトより)

 Slackは、サードパーティー製のアプリを使用するための新しい方法を導入した。この機能を使用すれば、ユーザーはSlackアプリケーションの画面から離れることなく、メッセージから直接アプリケーションの操作が可能だ。

 ビジネス向けアプリケーションとコラボレーションツールの連携は、主にメッセージング側にアプリケーション側のデータを取り込む仕組みとなっている。今後は作業によって例えばSlackアプリケーションを見たり、別のアプリケーションを開いたりといった行き来が不要になるという。

 Slackアプリケーションはこれまでもユーザーが外部に情報発信する仕組みを持っていたが、現在は、これまでとは別の方向にも情報を送信することができる。例えば新しい機能を使用すれば、ユーザーはSlackアプリケーションのメッセージをクリックするだけで、問い合わせ管理システム「Zendesk」のサポートチケットを作成したり修正したりできる。

 この機能はアクション(Actions)と呼ばれる。Slackはこの新機能を発表するに当たって、JiraやAsana、Bitbucket、Zendesk、HubSpotを含むクラウドソフトウェアベンダー数社と提携した。Slackは開発者向けにActionsを利用するために必要なコードを公開している。

 調査会社Constellation Researchのプリンシパルアナリストであるアラン・レポフスキー氏は、Slackアプリケーションや「Microsoft Teams」「Cisco Webex Teams」などのチームコラボレーションアプリが長期的に顧客を確保するには、メッセージングに注力する以外にもすべきことがたくさんあると語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。