2018年05月18日 05時00分 公開
特集/連載

「Enterprise Grid」の導入数は不透明急増するSlackユーザー数、勝因は口コミによる普及?

チームコラボレーションツールの競争が激化する中、「Slack」のユーザー数が急増している。800万人以上のユーザーが日常的にSlackを利用している。そのうち300万人が有料プラン加入者だという。

[Jonathan Dame,TechTarget]

関連キーワード

Slack | コミュニケーション


 MicrosoftやCisco Systems、その他従来のユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは、競争が激化しているチームコラボレーションプラットフォームにリソースを投入している。にもかかわらずSlack Technologiesは引き続き、目覚ましいスピードで無料プランおよび有料プランのユーザーを獲得し続けている。

 50万を超える世界中の組織で、800万人以上のユーザーが日常的に「Slack」を利用している、と同社は2018年5月9日に発表した。2017年9月時点での1日当たりのアクティブユーザー数は600万人だった。このチームベースのメッセージング製品は2013年に登場した。

 最も注目に値するのは、チームと企業が今後ますますSlackに対価を払おうとしている傾向を、最新のユーザー数が示していることだ。現在300万人以上のユーザーと7万のチームがSlackの有料プランを利用している。それと比較すると8カ月前は、ユーザー数200万人、チームは5万だった。

 Slackの開発者コミュニティーも拡大し続けており、毎週20万人以上の開発者がこのプラットフォームで開発している。Slack専用アプリストアでは、「Salesforce」や「Google Drive」のようなサードパーティーのSaaS(software as a service)と統合する1500ものアプリを提供している。

 Slackは「Enterprise Grid」の導入状況について、これまであまり公表していない。この製品は、大企業が単一インスタンス内で複数のSlackチームを統一して管理できるように設計したものだ。2018年1月に同社は、150社がEnterprise Gridを採用したと発表していたが、2015年5月の発表では、この製品については言及しなかった。

 「有料プランを利用するチームが7万もある、という発表には目を見張るものがある。しかしEnterprise Gridについて特に言及がないので、本当に販売が好調なのかどうか疑問を抱いてしまう。だから依然として、企業における普及の大部分はチーム単位で進んでいる」と調査会社Nemertes Research Groupのアナリスト、アーウィン・レイザー氏は述べる。

 Enterprise Gridは大企業向けに設計されている。一方、Slackの主力製品は中小企業や個々のチームを対象としている。Slackは、Fortune 100社のうち65%以上がSlack有料プランに加入するユーザーだと発表したが、それらの顧客のうち、エンタープライズ規模の導入を行った顧客とEnterprise Gridを使用している顧客のそれぞれの数については明示しなかった。

競争激化の中、Slackユーザー数が急増

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...